Home 時事ニュース インドでは医療用酸素の不足が深刻な問題に

インドでは医療用酸素の不足が深刻な問題に

by 黒岩留衣
5 views
LINEで送る
Pocket

コロナウイルスの感染者が急増するにつれて、インドの病院はどうしても必要な酸素を確保するために競争しています。

ムンバイ郊外の病院長が今月初めに知り合いの酸素供給業者に電話をかけたとき、彼女は気がかりなニュースを耳にしました。

そして彼女は完全な注文を満たすことができませんでした。

 

医療施設がコロナウイルスの増加に追いつくのに四苦八苦したため、この地域の酸素需要が急激に高まっていたのです。

そのため、病院の最高経営責任者であるヴァイシャリ・ジャドハブは、医療専門家なら誰もがしたくないという決定を下すしかありませんでした。

彼女は、既存の患者のケアをすることを優先するために、新しい患者を遠ざけ始めました。

 

インドで前例のない医療用酸素不足に取り組んだのは彼女だけではありませんでした。

酸素は、covid-19患者の治療に欠かせない要素です。

ムンバイの医師は、酸素がなくなった場合に備えて、重病の患者を他の施設に移送する計画を立て始めました。

市内の別の小さな私立病院のオーナーは、集中治療が必要な患者の入院も断ることにしたと述べました。

 

「私の人生でこんなことが起こったのは初めてです。過去には一度もありません」と病院のオーナーであるディーパック・ベイドは述べました。

「過去にベッド数が不足していた瞬間はありました」と彼は述べ、続けて「しかし、酸素が不足したことは一度もありませんでした」と語っています。

 

ニューデリー郊外のノイダにあるヤサース病院で労働者が酸素ボンベを補充している。

 

インドは先月、パンデミックの最中に、どの国よりも多くのコロナウイルスの症例を追加しました。

発生の初期段階では世界中の人工呼吸器に多くの焦点が当てられていましたが、インドの感染急増は現在、酸素の全体的な需要を高め、病院に届けるためのシステムの脆弱さを露呈してしまいました。

 

インド各地の当局者は、今月初めに国のいくつかの地域、特にムンバイとその周辺のマハラシュトラ州で、顕著な医療不足が報告された状況の再発を防ぐために、供給量を増やしてボトルネックを取り除くために奮闘しています。

インド政府は、国レベルでは十分な量の酸素が生産されていると述べていますが、供給システムに問題があることを認めています。

ナレンドラ・モディ首相は水曜日の州首脳との会談で「最近、酸素の調達において一部の州が直面している困難」について言及し「医療用酸素の利用を確保することが最も重要である」と述べました。

 

インドは600万件近くの症例を抱えており、世界で2番目に大きなコロナウイルスのパンデミックと闘っています。

9月中旬には、パンデミックが始まって以来、1日あたりの最大の症例数(約98,000件)の新記録を樹立しました。

その後はテスト数の減少と相まって、1日の合計は90,000件を下回りました。

それでも現在の傾向が維持されれば、インドは来月中には、世界で最もコロナウイルスの症例が多い国として米国を追い抜く軌道に乗っています。

 

9月2日以降、毎日1,000人以上が亡くなり、その傾向は緩む兆しも見せていません。

インドの総死者数は10万人に近づいています。

 

以前は大都市にウイルスが集中していましたが、今ではインドの13億人の大多数が住む広大な田園地帯を含む全国各地に広がっています。

このような地域の医療インフラは悪名高いほど脆弱であり、コロナウイルスの増加を処理するための設備が整っていません。

そのため大量の医療用酸素を入手することも大きな課題となる可能性があります。

 

通常、インドで生産される酸素の大部分は、他の国と同様に、工業用途に使用されます。

酸素は、鉄鋼、化学薬品、医薬品、紙の製造プロセスにおける重要な成分です。

ところが現在、医療用酸素のニーズは業界からの需要をはるかに上回っています。

 

インド工業用ガス製造業者組合の会長であるサケット・ティクは、現在、この国には1日あたり3,000トンの医療用酸素と2,000トンの工業用酸素が必要であると述べました。

これは3月の需要の約5倍です。

ティク氏は、パンデミックで閉鎖されていた酸素工場を再開し、完成した新しい酸素の承認をスピードアップするために取り組んでいると述べました。

液体酸素には特別なタンカーが必要なので、輸送は別の課題であると彼は付け加えました。

 

パンデミックの前は、医療用酸素はそれが生産された場所から、せいぜい半径約125マイルまでで出荷されていたとティク氏は述べています。

最近はその距離の10倍から20倍は遠くまで運んでいると彼は言いました。

「私たちは酸素過剰の場所から酸素を必要とする場所に輸送しています」

「それを届けるまで数日かかる距離です」

 

過去2か月間の医療用酸素の需要の増加は劇的でした。

プネ市のサルダール・ヴァッラブバーイー・パテール総合病院の常駐医療責任者であるビドゥヤダー・ガーイクワードは、110床ある病院は、かつて1日に10本未満の「大型」酸素ボンベを必要としたと述べました

(このようなボンベには7,000リットルの酸素が含まれています)

 

高流量酸素療法を受けている1人のcovid-19患者は、2時間ごとに酸素ボンベを使用します。

ガーイクワード氏によると、彼の病院では、10床の集中治療室でcovid-19患者を治療するために、1日に100本以上の大型酸素ボンベを必要とするとのことです。

「率直に言って、私たちはこれに備えていませんでした」と彼は言いました。

 

医療従事者が酸素ボンベを運び、covid-19患者を集中治療室に運ぶ

 

需要の急増は突然に起こりました。

製造業者も販売業者でさえも準備ができていませんでした。

彼は新しい販売業者を見つけ、他の病院から酸素を借り集めるためにスクランブルをかけ、どうにか今月初めに比べれば状況は緩和されたと述べました。

 

マハラシュトラ州は近隣の州に供給する酸素を削減したとも伝えられています。

先月、バンガロールのcovid-19患者を治療する病院は、酸素治療を受けている47人の患者を他の病院に転院させたと発表しました。

 

地方自治体は長期戦に備える準備をしています。

パンジャブ州では、当局が先週の会議に11の酸素製造業者と20の販売業者を召喚し、閉鎖されていた製造工場を再稼働するよう要請しました。

パンデミックが発生する前は、州の医療用酸素の需要は1日あたり約40トンでしたが、今では100トン以上です。

 

インド北東部のアッサム州では、当局は酸素販売業者に、産業への影響に関わりなく、酸素の供給量の全てを医療用途に転用するように指示しました。

アッサム州政府は、来月までに需要が州の製造能力を超えるであろうと予測しており、製造業者は近隣の州からの供給に頼らざるを得ないだろうと述べました。

 

インド工業用ガス製造業者組合のティク会長は、将来のことを考えると「胃が痛む」と語りました。

彼はインドの感染者が減少し始めることを祈っています。

「何人が病気になるかを予測することは誰にもできません」と彼は言いました。

「もはや祈るしかありません」

 

(参照:The Washington Post


BBCの以前の報道によれば、インドの酸素不足は皮肉にもパンデミックによって閉鎖されていた各工場が再稼働を始めたために、急速に悪化したと伝えられています。

経済活動を再開するためにも、感染患者を救うためにも、両方の意味で酸素は必要になると言うことです。

酸素工場は主として都市部にあるそうですが、ニューデリーなど一部の過密都市では規制により工場が存在しておらず、そのために需要と供給のアンバランスが著しく、離れた都市からの長距離輸送が必要になっているそうです。

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします