Home 時事ニュース トランプ大統領が重篤化する可能性と選挙戦への影響

トランプ大統領が重篤化する可能性と選挙戦への影響

by 黒岩留衣
5 views
LINEで送る
Pocket

ドナルド・トランプ大統領とファーストレディのメラニア・トランプ夫人がコロナウイルスの検査で陽性であると発表されましたが、彼らがより深刻なCovid-19症状を示す可能性のあるいくつかの危険因子が指摘されています。

トランプ氏は、年齢(74歳)と体重のおかげで、リスクの高いグループに属しています。

トランプ氏は臨床学的に肥満であり、肥満はより重症の病気の危険因子です。

米国疾病予防管理センターによると、65〜74歳の人々は、18〜29歳の若年成人と比較して、入院のリスクが5倍、Covid-19による死亡のリスクが90倍高くなっています。

 

4月に行われた彼の身体検査に基づいて、トランプ大統領の体重は244ポンド、身長は6フィート3インチであると報告されています。

それは彼のボディマス指数が30.5であることを示しており、彼は穏やかではありますが肥満に分類されます。

CDCによると、肥満はCovid-19による入院のリスクを3倍にします。

 

トランプ大統領とメラニア夫人はともに新型コロナ検査で陽性と診断され、自主隔離に入った

 

トランプ氏は男性であり、男性は女性よりもコロナウイルスで死亡または重篤な病気にかかる可能性が高いと主要な保健機関が報告しています。

しかし、トランプ氏が彼をハイリスクグループに入れる可能性のある他の既往症を持っているかどうかは不明です。

 

彼の最新の身体検査によると、彼の血圧はわずかに上昇しているだけです。

彼が癌、腎臓病、糖尿病、または人々をより高いリスクにさらすことが知られている他の状態を持っているという証拠はありません。

大統領の主治医であるショーン・コンリー博士は、彼の最後の身体検査は4月に行われたと述べ「特筆するべき発見や報告すべき変更はなかった」と述べています。

 

2018年に行われたトランプ氏の身体検査の後、トランプ氏の当時の主治医であるロニー・ジャクソン博士は、トランプ氏が彼の定期的な身体検査の一部として冠状動脈カルシウムCTスキャンを受けたと述べました。

彼のスコアは133であり、100を超える場合は、彼の動脈が少なくとも部分的にプラークで塞がれていることを示しています。

 

トランプ氏の公式医療記録によると、2009年の彼の冠状動脈カルシウムスコアは34であり、2013年には98でした。

133のスコアは、トランプ氏の血管にプラークが着実に蓄積していたことを明らかにし、中等度の心臓病を示しています。

しかし、トランプ氏はコレステロールを下げるためにスタチン薬を服用しており、彼の最後の身体検査では正常なコレステロール値でした。

ですがトランプ氏の健康に関するすべての情報が知られているわけではありません。

 

 

トランプ氏は、2019年11月16日にウォルターリード国立軍事医療センターを予告なしに訪問しましたが、彼は健康診断を受けるために2時間強を費やしました。

これは事前に公表されておらず、秘密の旅行でした。

6月に発表されたトランプの身体に関する声明の中で、ホワイトハウスの医師は、トランプ氏がウォルターリードへの最初の訪問後にホワイトハウスで追加の検査を受けたと述べましたが、その後の詳細については明らかにされていません。

 

CDCによると、50歳のファーストレディのメラニア夫人は、Covid-19のより重篤な症状のリスクが最も高い年齢層ではありませんが、高齢になるにつれて重篤な病気になるリスクが高まります。

50〜64歳の人は、18〜29歳の人と比較して、コロナウイルスで入院するリスクが3倍、死亡のリスクが30倍高くなります。

 

元モデルのファーストレディは、健康的な食事を維持し、体調が良いと言われています。

ですが、彼女の一般的な健康についてはほとんど知られていません。

 

ほとんどの人はコロナウイルスで深刻な状態になることはなく、トランプ大統領とファーストレディのどちらかが何らかの症状を経験するか、もしそうなら、どれほど深刻かが明らかになるまでには数日かかるかもしれません。

 

「大統領とファーストレディに何が起こるかを知るには時間がかかるでしょう」と元ボルチモア保健委員のリーナ・ウェン医師はCNNに語りました。

ジョージワシントン・メディカルセンターの救急治療室の医師であるウェン氏は「症状が現れるまでには、おそらく1週間ほどかかるだろう」と語っています。

彼は「症状が現れてから更に重篤化するまでの間に、さらに1週間から2週間かかるとみられています」と付け加えました。

 

ショックが絶え間なく続いてきたような今回の大統領選にあって、ドナルド・トランプ大統領とメラニア夫人がともに新型コロナウイルス検査で陽性と診断されたという発表は、おそらくこれまでで最大の衝撃だったかもしれません。

 

彼が今後、重症になれば、トランプ氏の選挙運動や、場合によっては大統領として統治を続ける能力にまで影響を与えかねません。

政治面では、新型コロナの影響を軽視してきた大統領のこれまでの無数の発言と、その大統領自身が今やコロナ感染者になってしまったという冷酷な現実との著しい格差は、コロナウイルスの影響を巡り、トランプ氏が米国国民を欺いてきたとする民主党の主張を一層際立たせることになるでしょう。

 

他方、軽症ですみ、すぐに回復した場合には、トランプ氏は選挙戦の終盤でその経験を持ち出し、ウイルスの恐怖は誇張されているとの主張を一段と強めることができます。

ブラジルでは今夏、ジャイル・ボルソナロ大統領がコロナに感染したものの軽症で終わり、彼自身の回復体験を根拠として、ブラジル国民はウイルスのために日常生活を止めるべきではないとの論調を強めました。

 

今年の米大統領選は決して伝統的な「お約束」どおりの道筋をたどったことはありませんでしたが、今や完全な未知の領域に突入してしまいました。

トランプ氏の今後の状態が軽症・重症いずれのケースであったとしても、新たな不確実性は多数存在します。

世界は新型コロナウイルスに感染したトランプ大統領の容態の軽症と重症の違いが、結果として計り知れなく大きなものとなり得ることを目の当たりにするかもしれません

 


以下の記事を参照しました

President Donald Trump has Covid-19. How serious is his risk?:CNN

Trump’s Positive Coronavirus Test Moves Campaign Deeper Into Unknown Territory:The Wall Street Journal


今年3月、英国のボリス・ジョンソン首相がコロナウイルスに感染して入院したことは周知のことと思いますが、実は彼はツイッターで「私は元気です」とツイートした数時間後に集中治療室に運ばれました。

その当時は、ジョンソン氏の容態が急変したと説明されましたが、ジョンソン首相自身が後日に語ったところによれば「元気です」と爽やかにツイートした時点で状態はかなり悪く、不快な自覚症状があったのだそうです。

トランプ大統領は政治イベントをオンラインで処理するだろうと補佐官らが発表していますので、彼の健康状態は映像で確認できることになり、注目が集まることになるでしょう。

 

ちなみにですが、何らかの理由で選挙による次期大統領の決定ができない場合、下院で投票が行われると合衆国憲法に定められています。

つまり現状では、ナンシー・ペロシ下院議長が大統領になる可能性もあるわけです。

 

管理者 黒岩留衣

 

 

PR




ブログランキングに参加しています

↓  皆様のご協力をお願いいたします。


海外ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします