Home ニュース短信 中国、Covaxへの参加を表明

中国、Covaxへの参加を表明

by 黒岩留衣
9 views
LINEで送る
Pocket

中国政府は金曜日、2022年までにcovid-19ワクチンを世界人口の約3分の2に供給する国際的な取り組みであるCovaxに参加すると発表しました。

これは従来の同国の方針を転換するものであり、Covaxに参加する世界最大のプレーヤーになることを意味しています。

 

中国は、米国やロシアとともに、9月18日の時点では、世界保健機関(WHO)が主導するプログラムCovax(Covid-19 Vaccines Global Access Facility:Covid-19のワクチンを世界に届けるための枠組)への参加を拒否していました。

中国政府はすでに、パキスタンやフィリピンなど、多くの同盟国や地政学的に重要な国にワクチンの提供を約束しており、彼らがCovaxに参加した場合、こうした二国間協定を誠実に果たすことができるかどうか確信が持てないと述べていました。

 

Sinovac Biotechのワクチン

 

中国外務省の華春瑩(Hua Chunying)報道官は、Covaxへの参加を発表した声明の中で、中国は製造能力を大幅に拡大できると確信していると述べました。

「私たちは、特に発展途上国へのワクチンの公平な配布を確実にするために具体的な措置を講じており、他の有能な国々もCovaxに参加して支援することを望んでいる」と彼女は述べました。

他の支援国には、日本、英国、ドイツ、欧州連合が含まれます。

 

ホワイトハウスは先月「腐敗した世界保健機関と中国の影響下にある多国間組織に拘束されたくない」との理由からCovaxに参加しないと発表しました。

トランプ政権は「中国当局者の初期対応の失敗と情報隠蔽にもかかわらず、パンデミックに対する北京の対応を称賛した」としてWHOを声高に非難した後、資金提供を撤回しました。

 

1月に武漢からCovid-19が広まった後、中国は激しい国際的批判に直面しましたが、北京政府はすぐさまコロナウイルスを国内で管理し、マスクや医療機器の寄付によって海外でのイメージを修復するための積極的な外交努力を展開しました。

5月のWHO総会の前には、中国の最高指導者である習近平国家主席は、2年間で20億ドルの資金提供を約束しました。

彼は、中国製のワクチンは「世界的な公益」になるだろうと述べました。

Covax計画は、各国の高リスクの人々に少なくとも20億回分のワクチンを公平に配布することを目指しています。

 

プログラムへの参加は一種の保険契約のようなものです。

自国でワクチンを生産する能力を持たない国は、この枠組みに参加しないとワクチンの国際的なプールから締め出されてしまう恐れがあります。

 

中国疾病管理センターの関係者は、中国のワクチンは早ければ11月に一般市民が使用できるようになる可能性があると述べました。

国家保健委員会は、中国が2021年に最大6億1000万回分、2022年に10億回分以上のワクチンを生産できるようになると語っています。

 

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします