Home ニュース短信 中国の動物園でクマが飼育係を襲う

中国の動物園でクマが飼育係を襲う

by 黒岩留衣
151 views
LINEで送る
Pocket

観光客が恐怖で見守る中、動物園の飼育係がクマに襲われ、殴り殺されるという事件が発生しました。

上海の動物園にいるクマの一群が、訪問者がツアーバスから恐怖で見守る中、飼育員を殴り殺しました。

 

上海野生動物園での一部始終は、パニックに陥った訪問客によって土曜日に記録されました。

訪問客の一部は、中国で人気のあるソーシャルメディアWeiboに映像を投稿しました。

バスの中の目撃者たちが「男がいるようだ」とか「何が起こっているのか」と叫ぶ声が聞こえます。

 

動物公園は緊急手順に従って、動物園の猛獣ゾーン内の飼育係の身に何が起こったのかを当局が調べようとしたため、一時的にエリアを閉鎖しました。

詳細の発表はほとんどありませんでしたが、動物園の当局者は彼らが調査官と協力していると発表しました。

 

動物園の当局者は声明の中で「非常に残念なことだ」と述べ、犠牲者の家族に同情を示しました。

当局はまた、惨劇を見た訪問客にも謝罪しました。

 

公園は約400エーカーに及び、シマウマ、フラミンゴ、ジャイアントパンダ、トラなど、推定10,000匹の動物が生息しています。

動物愛護活動家団体は長い間、野生動物公園、海洋生物センター、動物園に飼育されている動物を解放するよう求めてきました。

「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)アジア」は、上海での事件は驚くべきことではないと述べました。

同組織は「これらの監禁された野生動物によって傷つけられたり殺されたりしなければならない人はあと何人いるでしょうか?」と述べ、声明は「野生動物から略奪的な本能を消し去ることはできない」と付け加えました。

「このような事件は、これらの動物が日常生活で経験する深刻なレベルのストレス、不安、興奮を示しています」と組織は語り、観光客や家族に、利益と娯楽のために動物を拘留する施設への訪問をやめるよう求めました。

 

「魔法のような体験」と「素晴らしいパフォーマンス」を訪問客へ誓約しているもかかわらず、同動物公園は過去にも動物の扱い方について頻繁に世間を騒がせてきました。

 

2013年、公園の「動物オリンピック」と銘打ったイベントで、自転車レース中にクマが背中に乗っていたサルに襲い掛かり、スタッフがクマの攻撃からサルを助けようとして棍棒を振り回している間、群衆は恐怖の悲鳴を上げているのが聞こえました。

この事件は「残酷」と呼ばれ、そのようなイベントの禁止を求める声が高まりました。

 

3年後、公園の飼育係が訪問者と一緒に写真を撮るために、トラの子供の顔を殴る様子を映したビデオが登場しました。

その映像は広範囲にわたる非難を引き起こし、会場を閉鎖するよう呼びかけられました。

 

2017年、この動物公園はサウスチャイナモーニングポストの「ひどい動物園」のリストに含まれ、飼育係の動物への対応が悪いことへの懸念が浮き彫りになりました。

報告書は、上海の動物公園の少なくとも5匹のパンダが感染症と臓器不全の結果として死亡したと述べています。

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします