Home ニュース短信 降って湧いたボルシチ論争:ウクライナ

降って湧いたボルシチ論争:ウクライナ

by 黒岩留衣
149 views
LINEで送る
Pocket

この一人のシェフは、彼が東ヨーロッパの伝統的家庭料理を巡る衝突を始めるつもりはなかったと言いました。

しかし、33歳のレブゲン・クロポテンコ氏が美食界の大砲に相当するものを発射した後、期せずしてそれが起こりました。

彼が国連の文化機関ユネスコによって、ボルシチをウクライナの文化遺産として認めさせる取り組みを開始したからです。

 

一般的にボルシチは控えめで赤みがかったビートスープであると認識されており、多くの場合は上にサワークリームをたっぷりと添えます。

しかし、その単純さ故に国境を越えた文化的意義があります。

 

長く寒い冬の間、ストーブの上で煮えたぎるボルシチの鍋は、東ヨーロッパ諸国の多くの地域の主力であり、それらの地域の家と暖炉の概念の象徴です。

多くの国は、ボルシチが彼らの伝統料理の中心であると主張しています。

しかし、以前はささやかに議論されていたことが、今では沸騰する恐れがあります。

 

レブゲン・クロポテンコ氏と彼のチーム

 

ボルシチの文化遺産の管理者をめぐる意見の対立は、主にウクライナとロシアの間で発生しました。

クロポテンコ氏は、彼の行動は「ボルシチはロシア料理である」というウクライナ以外の国で一般的に信じられている印象に触発されたものであると述べました。

昨年のロシア外務省のツイートでは、ボルシチはロシアの「最も有名で愛されている料理」の1つと呼ばれていました。

「ロシアはいつものように事実を捻じ曲げようとしています。彼らはボルシチを自分たちのものにしたいのです」

「しかし、それは真実ではありません」とクロポテンコ氏はキエフにある彼のレストランのテラスで語りました。

 

ウクライナのボルシチをユネスコの世界遺産リストに載せるという彼のキャンペーンは、今年初めに始まりました。

彼の最初のステップは、ウクライナの「無形文化遺産」の一部としてウクライナの文化省に認めてもらうことでした。

彼は、ロシアが2014年に併合したクリミアを含む、ウクライナの26の地域からレシピを収集しました。

12人の料理専門家、料理の歴史家、民族学者から構成されるチームも結集しました。

 

今月初め、クロポテンコ氏と彼のチームは、5リットルのボルシチを含む様々な研究成果をウクライナ文化省の専門家委員会に提示しました。

当然のことながら、委員会はボルシチが自国独自の文化遺産リストに含まれることを喜んで承認しました。

 

パリのユネスコ当局者は、ウクライナが既にクリミアタタールの装飾品について、世界遺産リストに掲載することを求めて提出し、審査結果を持っている状態にあると述べており、ボルシチの審査はこのプロセスが完了するまで待たなければなりません。

ユネスコ当局によると、レビューには通常約2年かかります。

 

ボルシチに関する本を共同執筆している社会人類学者のマリアンナ・デュシャー氏は「料理は、言語にも匹敵する文化的要塞です」と述べました。

「私たちは料理とともに成長し、自分自身をそれに関連付けます」

「各国は料理を通じて他国とコミュニケーションをとっています」

 

何人かの著名なロシア料理の専門家は『ウクライナ人こそが最高のボルシチを作る』という一面を認める準備ができていると語っています。

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします