Home ニュース短信 トルコ沖で地震、M7.0と推定

トルコ沖で地震、M7.0と推定

by 黒岩留衣
100 views
LINEで送る
Pocket

エーゲ海で発生した大地震により、トルコでは金曜日に少なくとも6人が死亡し、少なくとも20の建物が崩壊し、トルコのイズミル近郊の通りには洪水が発生しました。

米国地質調査所によると、ギリシャのサモス島の北約10マイルで発生したマグニチュード7と推定される地震は、イスタンブールやアテネでも感じられました。

 

トルコの国営アナドル通信社によると、トルコでは少なくとも6人が死亡し、200人以上が負傷したと報告されています。

当局によると、イズミル近郊のいくつかの高層マンションを含む少なくとも20の建造物が倒壊しました。

 

サモス島では、少なくとも4人が軽傷を負った、とサモス病院のニコス・ステファニス院長はギリシャ国営放送ERTに語っています。

島の古い建物のいくつかが損壊した模様です。

 

これは今年トルコを襲ったのは2番目の大地震でした。

1月、トルコ中部のエラズーを襲った地震では少なくとも41人が死亡し、政府が建築基準法を適切に施行しているかどうかについての疑問が投げかけられました。

 

金曜日の地震で最悪の被害を受けたのは、トルコのエーゲ海沿岸にある440万人の都市イズミルでした。

トゥンチ・ソイヤー市長はCNNトルコの取材に対し、捜索隊員は倒壊した建物の現場にいると語っています。

2020年10月30日、トルコで大地震が発生

 

地元のテレビ局は、瓦礫の山を通して生存者を探している住民と救助隊員を映し出しました。

イズミルの地平線からは白い煙が立ち上っているのが確認されます。

ある放送では、建物の廃墟から女性が引き出された時、現場から歓声が上がっていました。

 

イズミルの南にあるセフェリヒサールの近くの沿岸地域では「小規模な津波」のように見えるものが観測され、一帯は海水で溢れていました。

当局は、地震が発生したときに海にいた数人の漁師との連絡を失っていると述べています。

インターネットに投稿されたビデオによれば、サモス島でも浸水を示しているように見えました。

 

震源地は非常に浅く、海底のわずか7マイル下で発生しました。

トルコ西部のほとんどの地震は、地表から40マイル以内で発生します。

 

トルコはアナトリアプレートの上にあります。

アナトリアプレートは、地球の地殻のブロックで、ゆっくりと反時計回りに回転し、時間とともに西に移動します。

これは、毎年約1インチの動きです。

しかし、アフリカプレートやユーラシアプレートとの衝突によるストレスの蓄積は、頻繁な地震を引き起こします。

 

 

長年にわたるトルコの大地震のほとんどは、ポントス山脈に沿ってトルコ北部を横切る北アナトリア断層に沿って発生しました。

時折、地震は国の西部地域で発生します。

これは、密集した海洋地殻が沈み、地面をさらに東に押し上げた結果です。

 

今回の地震はトルコを襲った過去およそ10年で最強でした。

2011年10月、トルコ東部で7.1の地震が発生し、600人以上が死亡しました。

 

サモス島では、予防的理由から、一部の住民は次の48時間は家から離れ、避難するように求められました。

援助の申し出は、フランスやイスラエルを含む国々から寄せられています。

 

 

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします