Home ニュース短信 台湾、200日連続で感染者なしを記録

台湾、200日連続で感染者なしを記録

by 黒岩留衣
65 views
LINEで送る
Pocket

米国は、新型コロナウイルス感染症の新しい症例の全国的な急増の中、水曜日に過去24時間以内の80,000件以上の新しい感染者と1,000人以上の関連する死を記録しました。

一方、台湾は称賛されるべきマイルストーンに到達しました。

台湾では200日連続してコロナウイルス感染者を報告しませんでした。

 

2,300万人以上の市民が暮らすこの島は、これまでに550人の感染症例と7人のcovid-19関連の死者を公式に確認しています。

台湾の人口密度と中国への地理的な近さ(彼らは隣人であり、主権紛争の檻に閉じ込められている)を考えると、台湾のパンデミックへの対処の成功は、公衆衛生の専門家によって賞賛されると同時に、綿密に分析されています。

 

ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(JAMA : 米国医師会によって年に48回刊行される国際的な医学雑誌)の3月の記事によると、今年の初め、ウイルスが中国で蔓延するにつれて、科学者たちは台湾の場所と中国からの毎日のフライトの頻度を考えると、台湾が世界で2番目にパンデミックに襲われる可能性があると予想しました。

ところが実際には、台湾が過去の流行からの教訓を活用し、ウイルスを最初から真剣に受け止めたため、全く逆のことが起こりました

 

春に大発生を回避することに成功した多くの国では、今年の夏または秋に症例が急増しましたが、台湾は最悪のパンデミックを依然として食い止め続けています。

昨年の12月下旬、中国の武漢で不可解な肺炎に似た症例が流行しているとの報告を受けるとすぐに、台湾は武漢からのフライト便で乗客のスクリーニングを開始しました。

彼らは、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行をすでに経験しており、これもまた中国で最初に報告されましたが、台湾には迅速な対応を動員するための先見性とインフラストラクチャが備わっていたのです。

 

コロナウイルスがミラノからニューヨークに足場を移し始めた頃、台湾はほとんどチャンスを逃しませんでした。

1月下旬までに、政府は国の保健システムの記録を使用して、最近呼吸器系の症状を訴えた人々を特定し、新型コロナウイルスについてのテストを開始していました。

当局は、海外旅行データベースを駆使して、最近ホットスポットに旅行した人々のテストに優先順位を付けました。

「台湾は、公衆衛生を保護するために、症例の特定、封じ込め、および資源配分のための特定のアプローチを迅速に動員し、かつ速やかに開始しました」とJAMAの記事は述べています。

 

台湾はまた、テクノロジーと政府への信頼に大きく依存しており、国境を越えた人々を追跡して14日間の検疫要件に準拠していることを確認し、住民がどの薬局にマスクの在庫がどれほどあるかを確認できるアプリも作成しました。

今月、権威ある医学誌ランセットに掲載された記事によると、台湾には「フェイスマスクを使用する文化が確立されていた」ため、政府が公式にマスクの着用を義務付けるより前に、多くの人々が公共の場で自主的にマスクを着用し始めました。

こうした状況を受けて政府は速やかにマスクの増産に着手しました。

そして、すべての住民にあまねくマスクを配布する計画を立てました。

 

多くの専門家は、ウイルスが人々にもたらす危険性を速やかに認識した台湾当局を称賛しています。

そして、これこそが、ウイルスの蔓延を食い止めるための最も重要な要因であった可能性があります。

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします