Home ニュース短信 救助活動進むトルコ

救助活動進むトルコ

by 黒岩留衣
82 views
LINEで送る
Pocket

トルコ当局者によると、トルコのイズミル市の救助隊員が、少なくとも8つの倒壊した建物の瓦礫の下に閉じ込められていると思われる数十人を救うために奮闘しています。

土曜日現在、エーゲ海での大地震による死者数は少なくとも38人と発表されました。

 

ギリシャのサモス島のすぐ北で金曜日の午後に発生した地震は、トルコ・ギリシャの両国で死者を出し、沿岸地域を浸水させ、住宅を崩壊させました。

当局によると、トルコでは少なくとも36人が死亡し、800人が負傷したと報告されています。

 

ギリシャでは、崩壊した壁に押しつぶされ、サモス島で2人の若者が死亡しました。

トルコ当局によると、9隻のボートが沈没し、20隻以上が座礁しています。

 

地震は今年トルコを襲った2番目の大きな揺れであり、同国政府がコロナウイルスの症例の増加や急激な景気後退を含む複数の危機を封じ込めるのに苦労していた最中に発生しました。

米国地質調査所によると、マグニチュード7.0の地震であり、トルコの災害管理機関はマグニチュード6.6と報告しています。

 

震源地から数百マイル離れたアテネとイスタンブールでも揺れが感じられました。

災害機関によると、500回以上の余震が続いています。

懸命の救助活動が行われているトルコのイズミル市

 

イズミル市長のトゥンチ・ソイヤー氏は土曜日にフォックスニュースに対し、まだ瓦礫の下に閉じ込められた人たちが少なくとも180人ほどいるようだと語っています。

トルコのメディアは、イズミル市内で最も被害が大きかった地域の1つであるボルノワ地区の崩壊した構造物から、オレンジ色と赤に包まれた救助隊員が慎重に破片を取り除いている映像を示しました。

 

災害管理機関によると、5,000人以上の救助隊員と20匹の探知犬が生存者を見つけるために出動しています。

国営アナドル通信社は、土曜日の朝に瓦礫から解放された年配の女性を含め、100人がすでに生還したと述べました。

 

別の救助シーンでは、女性と4人の子供が関わっていました。

ロイター通信によると、母親と3人の子供は、ほぼ18時間閉じ込められた後、建物から救助されました。

残念なことに負傷した子供の1人が病院で亡くなりました。

救助隊員は4人目の子供の救出に臨んでいます。

 

イズミール市内のバイラックリ地区で、地震が発生したとき夫と2人の子供と一緒に家にいたザハイド・クチュクボズドルさん(38歳)は、その瞬間にパニックに陥ったと説明しました。

「私は息子を腕に抱きました。地震はとても強く、とても長かった」と彼女は土曜日の電話インタビューで語りました。

揺れが止まると、窓の外に煙が立ち上っていたのが見えたそうです。

「私は2人の子供を腕に抱きました。 一人は1歳半、もう一人は四歳です。その瞬間、私は何を着ているのか、何をしているのかを考えずに、ドアから出ました」

 

「あたりの建物は崩壊していました。まるで映画のワンシーンようでした」

「映画で起こっていることを自分で体験するのはとても恐ろしいことです」と彼女は語っています。

 

ギリシャでは、サモス島の老朽化した平屋にも甚大な被害があり、多くの住民が金曜日の夜に、屋外や車中で一夜を明かしたと地元メディアが報じています。

当局によると、深刻な状態でアテネに空輸された10代の若者を含む9人が負傷しました。

 

地震は、エーゲ海での主権争いを含む幅広い問題を巡って対立するトルコ政府とギリシャ政府の争いから一時的な休息をもたらしました。

ギリシャのキリアコス・ミツタキス首相とトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は金曜日に電話で会談し、その後ツイッターに和解のメッセージを投稿しました。

 

「トルコは多くの犠牲者と大きな被害を抱えています。私はすでにエルドアン大統領に連絡を取り、私たちの関係性の困難を超えて優先するべき事項は、私たちの団結であると強調しました」とミツタキス首相は土曜日のテレビ演説で述べました。

「私たちにとって、人の命の重要性は国境や立場の違いを克服します。私の申し出に対する彼の前向きな反応に感謝します」

 

指導者たちの振る舞いは、悲劇が彼らのより広範囲な議論を沈静化させるかもしれないという微かな希望を引き起こしました。

過去には確かに、地震がトルコとギリシャの間のより大きな協力を促した前例がありました。

1999年に、イスタンブールとアテネで、互いに数週間以内に強力な地震が発生したことがありました。

各々の政府は、相手の政府を支援するために救助チームを相互に派遣し、善意の交換に貢献しました。

 

金曜日の地震の後、米国務省の報道官であるモーガン・オルタガス氏は、米国は「感動し、心を揺さぶられ」両政府間の協力を強く支持したと述べています。

 

The Washington Post

※現地からの最新の報道で死者は64人と報告されました

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします