Home ニュース短信 バイデン 、ペンシルバニアで逆転

バイデン 、ペンシルバニアで逆転

by 黒岩留衣
82 views
LINEで送る
Pocket

ネバダ州では、バイデン候補は約2万票差でトランプ氏をリードしています。

残りの郵便投票数は約15万票余です。

州最大の票田クラーク郡は、東部時間午後7時前に再び結果を報告します。

 

ジョージア州ではバイデン候補はトランプ氏を追い抜き、その票差は約1,500票余りです。

午前8時15分現在、残り8,000票強が数えられていません。

海外有権者および軍人とその家族の約8,900票がまだ返還されていません。

ジョージア州務長官は金曜日、票差がわずかであることを考えると再集計があると述べました。

 

ペンシルベニア州の州務長官のウェブサイトによると、バイデン氏は午後1時24分現在、ペンシルベニア州で約13,000票余のリードを獲得し、残りの郵便投票数は112,000票弱でした。

集計はなおも続いており、トランプ氏が再び主導権を握る可能性も残っています。

 

アリゾナ州では、投票数におけるバイデン氏のリードは、東部時間午後2時20分頃の時点で約41,000票です。

州最大のマリコパ郡は、午後9時に再び集計結果を更新する予定です。

民主党のバイデン候補はジョージア州に続いてペンシルベニア州でもリードを奪う

 

ペンシルベニア州の共和党は金曜日に米国最高裁判所に新たな要請を提出し、選挙日後に受け取った郵送投票を州当局がいかなる方法でも数えないように訴えました。

ペンシルバニア州最高裁判所の判決により、州の選挙当局は、火曜日までに消印が押され、かつ午後5時までに到着した投票用紙を数えることが許可されています。

しかし、州当局は、共和党による保留中の法的異議申し立てのため、選挙日の午後8時以降に受け取った投票用紙を分離することに同意しました。

それにもかかわらず、州の共和党は、投票用紙を確実に分離するために裁判所からの公式命令が必要であると主張しました。

 

共和党は、ペンシルベニア州のキャシー・ブックバー州務長官からの3日間の間に届いた投票用紙を分離する命令にまだ準拠していない郡がある可能性を認めました。

提出書類により、党代表が67の郡すべてに連絡し、このうち42郡が関連する投票用紙を分離していることを確認したと述べました。

党は残りの郡からの返答をまだ得ていなかったので、命令がすべての郡で確実に執行されていないかもしれないという懸念を引き起こしていると述べています。

 

ブックバー州務長官によれば、危機に瀕しているのは非常に少数の投票のみであると述べており、現在の集計結果には選挙日までに到着した投票のみがカウントされていると述べています。

「だから、何が起こっても、このレースに大きな影響を与えることはないと思う」と彼女は語りました。

たとえばフィラデルフィアでは、水曜日と木曜日に500票しか投票されなかったと市当局は述べています。

 

最高裁判所は、ペンシルベニア州最高裁判所によって承認された投票用紙を受け取る期限の延長停止要求を2度拒否しました。

しかし、最高裁判所の3人の保守派の裁判官は、裁判所の命令は違憲である可能性があり、問題を検討する訴訟を認めることに前向きであると述べました。

州当局が投票用紙を隔離しておくことに同意したのはそのためです。

 

一方、ネバダ州クラーク郡の有権者登録官であるジョー・グロリア氏は、3,000人以上が州を離れた後に違法に投票したというネバダ州共和党からの非難に対応しました。

彼によれば、郡当局は共和党が提供する有権者のリストを調べているとのことですが、州を離れた後に人々が合法的に投票することは珍しいことではないと付け加えました。

「ここで投票する資格を得るために、ここに住んでいる必要はありません」とグロリア氏は言いました。

ラスベガスは軍の町であり、近くのネリス空軍基地の本拠地であると彼は述べました。

一部の人々は大学に行くために州を離れます。

そうした軍人や学生は、彼らが州を離れたとしても、ネバダ州で投票を続ける資格があると彼は述べています。

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします