Home ニュース短信 バイデン政権に中国はどう動く?

バイデン政権に中国はどう動く?

by 黒岩留衣
70 views
LINEで送る
Pocket

中国政府は日曜日の選挙結果についてすぐにコメントすることを避けましたが、多くの中国人アナリストは、トランプ政権の4年の任期が1度きりで終わったとしても、そして彼の後任が誰であったとしても、世界の2つの主要国がライバル関係に留まるであろうことは不可避であるとの深い印象を残したと言います。

 

バイデンは大統領就任式の後に、ある特定の分野では北京との緊張を和らげることができるだろうと観られるものの、多くの中国人アナリストはトランプ後の世界における米中関係の宿命的な悲観論を採用しました。

つまり、米中関係は今すぐではないにしても、いずれ破綻する可能性が高いということです。

 

悲観論の一部は、バイデンが米国の同盟国を活性化し、その人権に纏わる記録を批判することによって、トランプ大統領よりもむしろ効果的に北京に圧力をかけるかもしれないという憶測から生じています。

中国のアナリストによると、より大きな課題は、特にテクノロジーにおける中国の力の高まりについて、ワシントンで拡大している超党派の警戒心であると感じています。

ジョー・バイデン次期大統領を示すニュースに見入る香港市民

 

復旦大学(Fudan University)のアメリカ研究部長であるシェン・ディング氏は「実際には人権をめぐる緊張が高まるでしょう」と述べ、人権擁護に特段の関心を示さなかったトランプよりも、外交政策の一部にリベラルな価値観を組み込むであろうバイデンの方が、より厳しい方針を採用するだろうと述べました。

 

シェン氏と他のアナリストは、中国がバイデンに友好的なジェスチャーを迅速に提供する機会を掴むべきであると述べました。

シェン氏によると、北京は、コロナウイルスのパンデミックへの対抗、米国の気候変動協定への復帰、イランとの核合意の修正など、潜在的な協力分野に関しては「喜んで取り組むだろう」と述べています。

 

「しかし、全体として、バイデンはトランプができなかったこと、つまり中国を抑圧しようとするでしょう」

「なぜなら、中国と米国の間の距離は年々近づいており、民主党や共和党の指導者は、中国がアメリカを追い抜くことを決して受け入れないでしょう」

「2024年までには、さらに圧力が高まると思います」

 

トランプ氏は任期中、中国の主要な輸出産業に関税を課し、ファーウェイや他の企業の半導体などの最先端技術の販売を拒否することで、中国の脆弱性を暴露しました。

これに対し、習近平国家主席は、脆弱性を是正し、経済に衝撃を与えず、米国の対中政策の変動を心配せず「自分たちの成すべきことを成す」ことに重点を置くよう繰り返し促しました。

 

ここ数ヶ月、多くの広範囲にわたる政策は、米国のような競争相手との将来の再燃に対する中国の準備を反映しています。

中国共産党は、コンピュータチップなどの先進分野で「自給自足」を目指し、他国製品への依存度を下げるための開発計画を展開してきました。

中国の専門家によると、政策の動機のいくつかは長年にわたるものでした。

しかし、その青写真はトランプの攻撃によって間違いなく加速させられたと語っています。

 

商務省に助言する研究者のメイ・シンユ氏は「米中関係の変化により、これらの政策の必要性が高まりました」と述べています。

メイ氏は、バイデン氏がトランプ氏の関税を取り消すことを「過度に」期待しているわけではなく、中国企業は「高関税環境」を前提として、それでもなお生き延びるための準備をするべきだと述べました。

 

北京に楽観的な見解が入り込む余地があるとすれば、政治家としてのキャリアの長いバイデンの人物像は、中国でも比較的よく知られており、彼が外交と交渉の原則的規範に従うことが期待できる人物であるということです。

中国の蘇州大学(Soochow University)の教授であり、元外務省の役人でもあるビクター・ガオ氏は、北京はトランプではない大統領の登場を楽しみにしていると述べました。

「思えばトランプは品位のない男でした」と彼は述べ 「中国は、品位のある大統領となら喜んで対応するでしょう」と続けました。

 

彼は、習近平国家首席は、台湾のようなデリケートな問題に関しては正常性に戻るだろうと予測しました。

バイデン氏は、中国がその領土と主張する島(台湾)の民主主義を支持する可能性が高いものの「軍事紛争を引き起こす可能性のあるような危険な行動は避けるだろう」と期待していると彼は述べました。

 

しかし、他の専門家は、米中関係の将来についての懸念を深めています。

今年のピュー研究所の調査によると、中国に対する米国人の感情は史上最低にまで落ち込んでおり、中国人は、中国を嫌悪する可能性のある若い世代の台頭により、2024年の大統領選挙では「対中感情がさらに悪化している可能性が高い」ことをすでに認識しています。

 

「中国の台頭を快く思わない、かなりの数のアメリカ人がいると思います」と商務省の関連研究者であるメイ・シンユ氏は言いました。

「私たちは米国との関係を改善する用意がありますが、これらの力の存在を見逃すこともできません」

 

彼は北京の気分を要約して述べました。

「つまりは、最悪の事態に備えつつ、最善を尽くすということです」

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします