Home 時事ニュース コロナ禍からいち早く立ち直った中国経済

コロナ禍からいち早く立ち直った中国経済

by 黒岩留衣
131 views
LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスに最初に襲われ、積極的な対策で最初に制御された国である中国は、世界の景気回復を前進させています。

しかし、中国の復活でさえ、圧倒されるかもしれません。

 

それは月曜日に発表されたデータによって伝えられたミックスメッセージであり、中国の経済生産高は1年前と比較して第3四半期に4.9%増加しましたが、それでも予想を下回った増加であり、ほとんどのエコノミストは5パーセント以上の成長率を予測していました。

 

国内総生産の増加の多くは、政府による大規模な刺激策の結果でしたが、中国の雇用と小売販売は、この国の広大な地域にあるため、依然として苦しんでいます。

しかし、中国の経済が第1四半期に6.8%縮小したものの、2020年の累積成長率は今やわずかに黒字になっています。

これは、経済が絶対的に縮小している英国、ドイツ、米国などの国とはかけ離れています。

 

エコノミストによると、これはパンデミック後の世界のプレビューなのかもしれません。

キャピタル・エコノミクスのチーフエコノミストであるニール・シアリング氏は声明の中で「中国は、ウイルス感染前の生産量にすでに戻っているという点で、主要経済国の中でも特殊である」と述べました。

シャーリング氏は、中国もオンラインショッピングへの依存度が高いことから恩恵を受けていることを指摘し、先進国の政府に対し、ウイルスを迅速に封じ込め、新たな刺激策を推し進めるよう求めました。

 

中国では、製鋼などの国家が支配する重工業における生産は、第3四半期の強力な鉱工業生産の数字が示すように、政府支出が経済を後押しするための手段であることがよくあります。

しかし、国内の消費者が中国の回復をより広く、より堅実な基盤に置くのを助けていることを示す兆候がありました。

これは、経済的自立の必要性を繰り返し表明してきた中国の指導者にとって励みになるサインです。

 

月曜日に発表された数字によると、レストラン業界はその減少を約3%にとどめ、消費財支出は4%増加しました。

国家統計局の広報担当者である劉愛華氏は月曜日、記者団に対し、サービス部門と小売業界は依然として問題に直面していると語りました。

しかし「人々は家の外に出てお金を使うことをいとわない」ので、これらのセクターはゆっくりと改善していると彼女は付け加えました。

 

劉氏は「複雑な」国際経済情勢が中国経済に不確実性をもたらす可能性があると警告しました。

しかし、少なくとも国内では「感染拡大の予防とワクチン開発の全体的な計画は驚くべき結果を達成した」と彼女は述べました。

中国の第3四半期のGDPの数値は、大きなプラス成長ですが、先週の国際通貨基金による見積もりによれば、2020年の中国の経済成長率は1.8%と予想されており、米国経済は4.3%、ドイツは6%縮小すると予測しています。

 

中国の路上では、生活は正常に戻っています。

月曜日のデータによると、自動車販売は1か月前から11%増加しました。

文化観光省によると、10月初旬、建国記念日の休暇中に6億3000万人以上の中国人が旅行に出かけ、観光に約700億ドルを費やしましたが、そのほぼすべてが国内での旅行です。

それは1年前から減少しましたが、それでも重要です。

 

コーネル大学のエコノミストであるエスワー・プラサード氏は、2020年と2021年には中国がおそらく「世界的な経済成長の主要な推進力」になるだろうと述べました。

同国は「2020年にプラス成長を記録する唯一の主要経済国であるという驚くべき立場にある」と彼は述べています。

しかし中国政府は、世界的な不況の中での中国製品の需要の低さや、輸入されたコロナウイルス症例による新たな感染拡大の危険性など、当局の制御の及ばない要因についての懸念を表明しました。

当局はまた、不安定な地政学的問題、特に米国との緊張拡大について警告しています。

中国の統計局は月曜日の声明で、今年の残りの期間を見据えて、国の継続的な回復に対する最大の懸念として「国際環境は依然として複雑で深刻であり、かなりの不安定さと不確実性がある」と述べました。

 

5月、習近平国家主席は、パンデミックが緩和されたために国内消費を押し上げ、米国やその同盟国などの技術、金融資本、貿易への依存を減らすことで、中国をより自立させることを目的とした主要な「二重循環(dual circulation)」戦略を発表しました。

 

与党共産党中央委員会は今月下旬に新しい戦略を説明する大会を開く予定です。

中国の習近平国家主席は先週、広東省南部の製造業の中心地を視察し、労働者、党幹部、起業家に「自立を通じて革新の道を歩む」よう促しました。

習近平氏は、世界は「混乱と変革の時代に入った」と語りました。

 

習近平氏は、深圳市を香港に取って替わるグローバルハブに構築するという新しい計画を打ち出しました。

中国経済はコロナウイルスから予想よりも早く回復しています。

 

China pulls ahead among major economies in post-covid-19 recovery 

The Washington Post

世の中をドラスティックに革新させるには民主主義よりも権威主義の方が優れているという話をよく聞きます。

中国は個人の利益を無視または過小に評価し、集団または国家の利益を重視します。

これは私たちの価値基準では受け入れがたいものですが、一方の米国は、大統領一個人の利益を重視するあまり、国家的な利益が損なわれています。

国家の利益と個人の利益、いったいどちらが優先されるべきなんでしょうねぇ。

最近そんな事ばかり考えています。

 

管理者 黒岩留衣

 

 

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします