Home 時事ニュース 米国の1日の感染者数8万人超、過去最悪

米国の1日の感染者数8万人超、過去最悪

by 黒岩留衣
136 views
LINEで送る
Pocket

金曜日、米国は少なくとも82,900人新規感染者を記録し、パンデミックが始まって以来、1日あたりの感染者数で最悪を更新しました。

感染者数の増加により、これまでで最悪のパンデミックの事態が発生する可能性が高く、西部と中西部の一部の病院はすでに圧倒され、死亡者数は急増する様相を見せ始めています

 

現在の感染拡大は、この春夏の第一波よりもかなり広範囲に及んでいます。

現在の前例のない地理的広がりの急増はそれをより危険なものにし、専門家はそれが医療スタッフと物資の深刻な不足につながる可能性があると警告しています。

すでに病院は、新型コロナウイルスによって引き起こされる病気であるcovid-19の治療に必要な基本的な薬剤の不足を報告しています。

 

それは単に、感染者を特定するためのテストの増加の問題ではありません。

Covid-19による入院は、過去1週間で38州で増加しました。

全国の死者数は、1日あたり1,000人を超えています。

 

圧倒されつつある医療現場:テキサス州

 

この国が1日あたりのコロナウイルスの感染者数で新しい記録を打ち立てたとき、アリゾナ、カリフォルニア、フロリダ、テキサスの4つの州だけでも過半数の40,000人を超えました。

過去2週間で、24の州が1日の最高件数の記録を更新しました。

保健社会福祉省の職員向けに作成された内部報告書によると、36州の州の170以上の郡が急上昇中のホットスポットに指定されました。

 

「以前の第一波を乗り越えた重要な方法の1つは、医療従事者を州を超えて移動させることでした。 ですが、ウイルスがいたるところで急増している現在、それはもはや不可能です」とボストン大学の疫学者であるエレナ・マレー博士は述べています。

同様に憂慮すべきことは、この波がピークに達するまでに、どれだけ多くの感染者を出すのか誰にもわからないということです。

「第二波の感染拡大は、第一波の時とは比較にならないほどの高い水準から始まっています」と彼女は言いました。

「そして、人々や当局がそれについて、どのように対処するかを決定するまで、それは上昇し続けるでしょう」

 

ワシントンポストが管理しているデータベースによると、これまでに830万人以上のアメリカ人がコロナウイルスに感染し、少なくとも222,000人が死亡しています。

専門家が長い間警告してきた寒い冬にさえ達していないため、最近の高い症例数は深刻な懸念を引き起こしており、症例数はさらに急増するものとみられています。

ハロウィーン、クリスマス、そして新年のお祝いの間に、より多くの感染拡大がおこる可能性があります。

冬の寒くて乾燥した季節は、人々が屋内で一緒に集まることを促し、それはウイルスがより長く安定した状態を保つのに役立ちます。

 

木曜日に、シカゴ市長のローリー・ライトフットは、ビジネスに対する新しい制限を発表しました。

数時間後、ホワイトハウスのコロナウイルス対応コーディネーターのデボラ・バークス博士は、公共スペースを閉鎖するだけでは不十分かもしれないと警告しました。

「公共スペースを閉鎖すればいいというほど簡単なことではありません」とバークス博士は述べ、人々の家での集まりの増加を指摘しました。

「過去3〜4週間で起こったことは、人々が懇親の場を屋内に移したことによるものと思われます」

 

ウィスコンシン州の一部の地域では、病院の集中治療室のベッドの90%が埋まっているとトニー・エバーズ知事(民主党)の事務所は述べています。

水曜日、最新の感染患者は既に州の見本市会場に建設済みの仮設病院に運び込まれました。

 

ミズーリ州からアイダホ州までの病院も定員に達し始めています。

過去3週間で、37の州で入院が大幅に増加し、コネチカット、モンタナ、ニューメキシコ、ワイオミングではその数が2倍以上になりました。

米国の感染者グラフ。1日の感染者数で8万人を突破した。

 

ユタ州の指導者たちは、博覧会センターに野戦病院を開設しようとしています。

著名な疫学者のアンジェラ・ダーン博士は、医療システムは収容限界に達しようとしており、病院のスタッフは疲れ果てており、ユタ州民に恐怖が迫っていると警告しました。

ダーン博士は木曜日の記者会見で「もう何をすべきかわからない」と述べ、住民にもっと用心深くなるように懇願しました。

「私は本当に誰かを怖がらせようとは思っていません。 今、何が起こっているのかをお知らせしようとしています」

 

専門家は、この冬に多くの病院が直面するであろう課題は、十分なベッドを確保することではないと述べました。

それは病院が十分な専門スタッフを確保出来なくなるであろうということです。

「ベッドの作成は比較的簡単ですが、感染者の急増がICUの看護師、医師、チームを凌駕するときはどうしますか?」ミネソタ大学の感染症研究政策センターの所長であるマイケル・T・オスターホルム氏は述べました。

 

過去数ヶ月、医療従事者は死亡率、つまり感染すると死亡する患者の割合を下げることができました。

その進歩の多くは、ICUのスタッフらが苦労して積み上げた専門知識によってもたらされました。

人工呼吸器の使用時期、ステロイドなどの治療法の採用、呼吸を補助するのに役立つプローニング(患者をうつ伏せに寝かせること)など、ウイルスと戦う方法に関する新しいアプローチと知識です。

 

専門家は、パンデミックに伴う国の倦怠感(コロナ疲れ)が高まると、冬の第二波を封じ込めるのがさらに難しくなる可能性が高いと懸念しています。

毎日何百人もの人々が亡くなっているにもかかわらず、「今、誤った『慣れ』のような感覚があります」とジョンズホプキンス大学保健セキュリティセンターのトム・イングレスビー所長は述べています。

「我が国の大統領は『我々は角を曲がっている』と言っています」

「公衆衛生ガイドラインに公然と反対している州知事もいます」

イングレスビー所長は、多くの州が今年春に、経済活動再開のために計画したプランとガイドラインを指摘しました。

「それは多くの場所で、ほぼ完璧に無視されてきました」と彼は言いました。

 

ノースダコタ州(最も被害が大きかった州の1つ)では、ダグ・バーガム知事(共和党)がマスクを着用して集会を避けるべき責任を個人に負わせました。

「それは政府の仕事ではありません」とバーガム知事は宣言しました。

 

木曜日の夜の大統領選挙討論会で、トランプ大統領は、ウイルスが「既に消え去った」あるいは「我々はウイルスと共存することを学んでいる」と主張しました。

彼の民主党のライバルである元副大統領のジョー・バイデンは「私たちはそれで大勢の人々が死んでいることを学んでいる」と応戦しました。

 

専門家は、ウイルス感染を抑えるために指導者と住民が迅速な行動をとる必要があると述べています。

「完全にシャットダウンしろとか、何もしないとか、極端で誤った選択と見なされていますが、そうではありません」と、マスクを着用し、大規模な集会を避けるよう人々に促したイングレスビー所長は述べています。

 

政治家はまた、ウイルスによってもたらされるリスクを過小評価することをやめ、今後の難しい決断と交換条件について一般の人々と率直に話し合う必要があるとマレー博士は述べました。

 

「私は時々、過度に悲観的すぎることも心配しています」と彼女は言いました。

「 私たちは人々に、これについて何もしなければどうなるかを警告しようとしているだけです」

「しかし、そのような最悪の冬を『必ず迎えなければならない』と言っているのではありません」

「それは避けようと努力すれば、避けることが出来るはずです」

 

 

以下の記事を参照しました

America hits highest daily number of coronavirus cases since pandemic began

The Washington Post

日本に住んでいるとわかりにくいことですが、米国だけではなく欧州でも、あるいは世界各国で感染者数が急激に拡大しています。

また比較的、感染拡大を抑え込んだとして称賛されたカナダやドイツでも感染者が急増しています。

トランプ大統領は「我々は角を曲がった」と述べていますが、コーナーを3回曲がると元の場所にたどり着くことができます。

野球でいうところのホームラン(家に帰り着く)です。

 

 

管理者 黒岩留衣

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします