Home 時事ニュース 豚の内臓が宙を舞う台湾議会

豚の内臓が宙を舞う台湾議会

by 黒岩留衣
333 views
LINEで送る
Pocket

しばしば台湾では、議会における暴力の定期的かつ壮観な発作が起こることで知られています。

我々は議員同士の殴り合いはもとより、椅子、生卵、最近では水風船を投げあう様を見てきました。

しかし、豚の内臓が宙を舞うとき、それは流石の台湾の基準でさえ、前代未聞のことです。

 

野党の国民党(KMT)のメンバーは金曜日に、豚の心臓、腸、肺、その他の内臓を投げつけたことにより、議会の深紅色のカーペットに腸と内臓の乳白色のロープ状の糸が縞模様を描きました。

台湾政府は先に、添加物のラクトパミンが入った餌で飼育された米国産の豚肉の輸入を来年1月1日に解禁すると発表していました。

台湾議会で豚肉の内臓を振るう女性議員

 

100か国以上が添加物を含む肉を禁止しています。

この添加物は、米国の養豚業者が痩せを促進するために使用していますが、海外への輸出に関してはしばしば障害となります。

米政府は、ラクトパミンを混入した飼料を与えられた豚肉の禁止を解除するように歴代の台湾政府に圧力をかけましたが、政治家や業界団体が添加剤の健康への悪影響について警告している台湾では、この問題は非常に神経質に評価されています。

 

今年の地滑り的な再選の勝利と国内においてコロナウイルスの排除に成功した後、台湾の蔡英文総裁は、トランプ政権との貿易関係を円滑にし、包括的な二国間貿易への道を開くために、9月にラクトパミン禁止を解除するために多額の政治的リソースを費やしました。

しかし、この一連の動きは、決定の是非について国民投票を開始することを要求した農業団体や野党からの激しい抗議を引き起こしました。

 

金曜日、与党民主進歩党(民進党)の蘇貞昌首相は、トラブルをあらかじめ予想した党の同僚に囲まれながら、午前10時過ぎに年次施政方針演説を行うために演壇に近づきました。

しかし、トラブルは直後に解放されました。

ビデオ映像では、議員が豚の臓器を互いに投げつけ合っている一方で、他の議員はより一般的な押し合いやボクシングに従事している姿が示されました。

一部の議員はレインジャケットを着用しました。

また他の人たちは、豚の脂肪のように見えるもので汚れたビジネススーツのまま乱闘しました。

議会の職員は落ち着きを求めて訴えましたが無駄でした。

野党の補佐官は、ホイッスルとエアホーンを吹いて応援し、雰囲気を盛り上げました。

一人の若い議員がヘッドロックに捉えられました。

 

台湾は、立法院の構成員に、彼らの、まあ…なんというか、勇気を示しようとしているので、長い間、カメラに混乱の歴史が収められてきました。

2004年、ある国民党議員は、現在の副総裁であるウィリアム・ライ(頼清徳)の腹部に頭突きを突き刺しました。

2006年、民進党の王淑慧(Wang Shu-hui)議員は、中国本土への航空便再開を提案する文書をひったくり、通過しないように文字通り飲み込もうとしました。

これに対し、国民党の対戦相手は彼女の髪を引っ張って、彼女にそれを吐き出させました。

 

カリフォルニア大学アーバイン校の博士課程の学生であり、台湾政治を研究しているレヴ・ナフマン氏 は、台湾の議会では「喧嘩の長い歴史」があり、数十年前の乱闘シーンを懐かしく覚えている年配の国民党支持者は、あまりの面白さに感謝するかもしれないと述べました。

しかし、若い有権者は「それは恥ずべきことだと思うだろう」とコメントしています。

一方で、ナフマン氏によると、アメリカ産の豚肉の輸入は、食品の安全性について鋭敏な国民性を有する台湾で、蔡英文総裁が直面している最も物議を醸す問題であり、最近の選挙で敗北し、党勢を失いつつあった国民党は2年後の中間選挙でそれを政治利用したいと考えているようだと述べています。

 

「それは台湾にとって恥ずかしいことです」と彼は言いました。

「しかし、台湾の人々はこの問題を非常に気にかけています。そして、台湾の国民が支持政党に拘らずオールインする問題が1つあるとすれば、これがまさにそれです」

議会で乱闘が発生した後、床に豚の内臓が散乱している:台湾

 

台湾の中央研究院とケンタッキー大学の政治学者ネイサン・バットとエミリー・ボーリューによる2019年の調査によると、台湾の有権者は一般的に乱闘を否定的に見ていますが、一方でそれは各党の熱心な支持者にシグナルを送る重要な方法でした。

金曜日に、台湾のメディアギャラリーの記者は、汚れたカーペットの上を走った閃光のクロスカウンターを記録しました。

 

大騒動の中で、蘇貞昌首相は、レインジャケットで武装した民進党の仲間に挟まれ一段高い演台から、兵士としての演説を終えました。

終わった途端、彼は椅子に腰を下ろして微笑みました。

 

秩序はやがて回復し、補佐官は内臓にまみれた床と、英単語「INEDIBLE(食べられません)」とアメリカの国旗が描かれた大きなプラカードを清掃しました。

台湾の聯合報によると、蘇貞昌首相は台湾史上最短の施政方針演説でした。

それは5分続きました。

 

 

Pig intestines fly as Taiwan lawmakers engage in ham-fisted political attacks

The Washington Post

世界で一番、デタラメな国会はどこでしょう?

私は韓国を推薦します。

韓国における民主主義とは、しばしば格闘技と同じ意味を持ちます。

韓国の議会における政治課題は、往々にして議会内にある鈍器、あるいはスレッジハンマーやエンジンカッターによって決議されます。

ですが、韓国議会が格闘技のニューウェーヴであるとしたら、台湾議会は歴史と伝統溢れる剣闘です。

いや…そんな良いもんじゃありませんね。

台湾の国会の大騒動は中国メディアのディナーメニューになります。

今回の騒動を検索してみると、中国の政府系の英字新聞に大きく掲示されていました。

 

管理者 黒岩留衣

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします