Home ワシントンポスト 米韓、新たな軍事費負担金協定に合意

米韓、新たな軍事費負担金協定に合意

by 黒岩留衣
130 views
LINEで送る
Pocket

アメリカと韓国は、朝鮮半島における在韓米軍に関する「意味のある増加」を含む費用分担合意に達しました。

軍事同盟の費用をどのように分担するかについての交渉は、トランプ政権が韓国政府にその貢献を5倍に増やすことを要求した2020年3月に行き詰まりました。

両国の当局者は、最終決定に至った新しい取引の詳細に関する情報を提供していません。

 

韓国の統合参謀本部の声明によると、今週開始される9日間の合同軍事演習は、コロナウイルスの大流行のため、野外ではなく、ほとんどがコンピューターシミュレーションとして行われることになるとしています。

バイデン大統領は、アメリカが同盟国と軍事防衛協定に積極的にコミットしていることを示しようとしているため、この動きは前政権からの大きな転換を示しています。

 

ドナルド・トランプ前大統領は約28,500人の米軍が駐留している朝鮮半島を含む自国の米軍防衛費に十分な支払いをしていないとして同盟国を鋭く批判してきました。

彼の要求は両国間の緊張を高め、韓国でアメリカが要求に応えなければ軍隊の存在を減らすこともあり得るという懸念を引き起こしました。

トランプ氏はまた、毎年春に韓国との大規模な軍事演習の必要性に疑問を呈し、在韓米軍を「ハイコスト」と呼び、アメリカは「十分な対価を受け取っていない」と不満を述べてきました。

一方で、トランプ氏が北朝鮮の指導者である金正恩と交渉しようとしたため、訓練は規模と範囲が縮小され、より多くのコンピューターシミュレーションが組み込まれるようになりました。

 

北朝鮮は演習を攻撃の準備と見なしていますが、米国と韓国の当局者は、演習は本質的に防御的であると述べています。

バイデンは世界に「アメリカが帰ってきた」と公言しています。

ですが、世界はそれほど確信をもっているわけではありません。

過去1年間のエクササイズの減少により、専門家はフィールドトレーニングの長期にわたる不足について懸念を表明しています。

 

ジョージ・W・ブッシュ大統領の政権下で顧問を務めた韓国関係の専門家であるビクター・チャは「軍隊は準備のためにエクササイズしなければなりません。 ですが、彼らはフィールドトレーニングすることができなかったので、準備がいくらか損なわれていると確信しています」とコメントしました。

 

米軍当局者は、韓国へのコミットメントを永続的なものとして投げかけようと努めてきました。

「韓国に対する米国の安全保障上のコミットメントは、相互防衛条約と一致して揺るぎないものであり、在韓米軍は必要に応じて即応姿勢を整えている」と ペンタゴンのスポークスマンであるマーティン・マイナーズ陸軍大佐は述べています。

 

大統領選挙の際、バイデン大統領はアメリカと韓国の関係に対して、より慎重なアプローチを取ることを約束しています。

「大統領として、私は韓国と協力し、無謀な脅威でソウルを恐喝するのではなく、東アジアや世界の平和を守るために私たちの同盟を強化します」と彼は韓国の聯合ニュースにおける2020年10月のコラムにそのように書いています。

 

国務省のスポークスマンは日曜日、費用分担協定は「私たちの共有する安全と繁栄を促進するために、世界中の民主的同盟を再活性化および近代化するというバイデン・ハリス政権のコミットメントを反映するものである」と述べました。

韓国外交部は声明のなかで「協定の迅速な署名を通じて1年以上続いた協定の溝を解消し、協定の強化に貢献する」ことを決定したと述べています。

新アメリカ安全保障センターの韓国専門家であるキム・ドゥヨン氏は「これらの交渉は、過去の政権でワシントンとソウルの間で常に論争を呼んできましたが、トランプの選挙敗北は今回大いに役立ったといえます」と述べています。

 

チャ氏は、バイデン政権は同盟が強力であることを示しながら、より多くの支払いを求めているとも述べました。

ですが、トランプ氏が「現実的ではない極端な要求」を行ったが故に、交渉には妥協の余地があったとチャ氏は語っています。

 

ソウルのアサン政策研究所の研究員、ジェームズ・キム氏は、韓国との協定は、志を同じくする同盟国の連合によって中国の台頭に対抗する米国の努力にとって極めて重要であるとコメントしました。

トランプ氏がソウルにもっとお金を払うよう圧力をかけたことにより「韓国を北京に向かわせる可能性が生じていた」とジェームズ・キム氏は語っています。

「バイデンは同盟国とのより良い関係を築きたいと思っているようです」

 

キム・ドゥヨン氏によると、合同軍事演習は、バイデン政権が韓国、あるいは日本との同盟関係を強化し、彼らを擁護することを約束しているというメッセージを韓国国民と北朝鮮に送ることになるだろうと述べました。

「合同軍事演習を止めることは平壌を大胆にするだけであり、それは引き抜かれた剣の前に盾を捨てるようなものです」と彼女は述べています。

 

しかし、今年の演習では、航空機、船、その他の機器を使って現場で数万人の軍隊を訓練するのではなく、主にコンピューターシミュレーションを使用します。

コロナウイルスに関する懸念に対処することに加えて、韓国の文在寅大統領が北朝鮮との平和的な関係を維持しようとしているためでもあります。

韓国の米軍スポークスマンであるリー・ピーターズ陸軍大佐は、発表に先立ち「計画または訓練について」コメントしないことが米国の方針であると述べました。

彼は電子メールで「我々が強固な複合防衛態勢を維持することを保証し」米国と韓国の軍隊が協力する能力を強化することになるであろうと述べました。

 

北朝鮮は米国との関わり方を明示していませんが、合同軍事演習は北朝鮮に行動を促す可能性があると専門家はコメントしています。

「特に北朝鮮がどのように合同軍事演習に抗議するかを見極める必要があります」とキム・ドゥヨン氏は述べています。

「北朝鮮がとる行動や不作為が何であれ、予見可能な将来の米朝関係、または南北関係がどのように変化するかを示唆することになるでしょう」

 

The Washington Post:2021年3月9日

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

原題:U.S., South Korea reach military cost-sharing agreement after deadlock under Trump

引用:https://www.washingtonpost.com/national-security/us-korea-military-agreement/2021/03/08/b7a121d8-7f86-11eb-9ca6-54e187ee4939_story.html

 

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします