Home ブログ 世界で最も不幸な都市の人々が世界の希望になる

世界で最も不幸な都市の人々が世界の希望になる

by 黒岩留衣
4 views
LINEで送る
Pocket

ブラジルのサンパウロのCOVID-19病棟の片隅で、挿管された患者の口を掃除している女性は、私たちのほとんど全員に並外れた希望を抱いています。

洗面器に浸したブラシを高齢者の女性の口に滑り込ませると、日常的に大きなリスクが伴いますが、歯科医のデニス・アブラシェスは、彼女の静脈に勇気以上のものを持っています。

 

アブラシェスは、医療システムの5,000人のブラジル人キーワーカーのうち、オックスフォード大学と多国籍製薬会社のアストラゼネカから試験コロナウイルスワクチンを受け取り、英国と南アフリカのボランティアと一緒に接種を受ける最初の人です。

 

市内全体で、彼女のような最前線の医療関係者は、200万人以上のブラジル人に感染したパンデミックと戦うワクチンの有効性のフェーズ3テストに登録しています。

そして、この広大な人間のシャーレ(ブラジルのこと:翻訳者注)でワクチンをテストするのはオックスフォードだけではありません。

中国の企業シノバックは先週サンパウロで治験を開始し、米国の製薬大手ファイザーはまもなく開始する予定であり、ワクチンの効力を最初に証明するための競争をもたらします。

 

それでも、各国がワクチンへのアクセスの確保を心配している一方で、潜在的な地政学的影響はこの病棟には何も意味していません。

「志願することは愛の行為であり、自分自身の一部を人々に寄付することです」とアブラシェスは言いました。

多くの医療従事者のように、彼女はウイルスの蔓延を避けるためにブラジルのパンデミックの数ヶ月の間、彼女の家族から離れており、彼女が会いたくても会えない愛する人について尋ねられたとき、彼女は涙を抑えることができませんでした。

 

デニス・アブラシェス

「孤独感は、苦しんでいる患者のほうが大きいから」と彼女は言いました。

「ずっとここにいることで、多くの患者が死ぬのを見ました。多くの場合、彼らの家族に別れを告げることもできませんでした。私は助けたかったのに」

「ワクチン試験は私たちのような人々を必要としています。なぜなら私たちは汚染のリスクが高いからです」

 

彼女の病棟の他の多くも、この世界的に重要な試験に参加しています。

今週、彼女たちは試験ワクチンの接種を受ける予定です。

 

彼女らの上司であるフラビア・マチャド医師は、彼女は約1000人の治験者の一人であると述べました。

彼女らはワクチンが効くかどうか、まだ知りません。

また、二重盲検試験であるため、ワクチンを接種したのか、プラセボ(比較用の偽薬)を投与したのかは誰にもわかりません。

 

つまり、世界で最も大きな打撃を受けた都市の1つであり、5か月もの間、苦しみと悲しみを経験し続けたサンパウロの医療従事者たちは今、世界の他の国々に希望をもたらすためにさらなる自己犠牲を求められています。

 

科学者たちはワクチンを記録的な速さで作成するために努力してきました。

ホワイトハウスがファイザープロジェクトに19億ドルを投じたとき、そのワクチンを『オペレーション・ワープスピード』と名付けさえしました。

しかし、厳格な封鎖によりヨーロッパでのウイルスの蔓延が減少したため、先進国の研究者たちは、ワクチンをテストするために重度に感染した集団をさらに遠くに探しました。

 

 

ここブラジルでは、ウイルスが蔓延しています。

ジェイル・ボルソナロ大統領は、自分自身が感染したにもかかわらず、このウイルスの脅威を却下しました。

ブラジルは先週、数日にわたって50,000件を超える新しいCovid-19症例を報告しました。

 

ブラジルの当局者は、英国、中国、米国の企業が、最終的なワクチンのより迅速な現地生産を期待できるように、試験を実施することを許可しました。

人口の予防接種が速ければ速いほど、経済はより早く再開することができるからです。

 

シノバックの治験は先週開始され、サンパウロの医療制度に参加している数人の受診者が参加しました。

しかし、予期せぬ副作用が浮上しています。

ワクチンではなく、地政学的競争です。

 

怒れるブラジル人たちが「中国のワクチン」に対する不信感をもってソーシャルメディアを襲いました。

批評家によると、ブラジルのボルソナロ大統領とアメリカのトランプ大統領の「中国のウイルス」についての過去の言い回しに酷似していると言います。

 

その結果、シノバック・プロジェクトは、彼らの貢献者が自らのアイデンティティを隠すことを勧めました。

「これが最大の懸念でした」と世界的な疫学者で、シノヴァックの開発チームのリーダーでもあるエスパー・カラス博士は述べました。

「一部の人々は『中国のワクチン』の治験に参加したボランティアに奇妙な反応を示すかもしれません」

 

「ですが、これらは人類のワクチンです」と彼は言います。

「私たちは、このパンデミックに対抗するために協力する必要があります」

 

カラス博士にとって、国や企業間の競争の話は、目前の世界的な仕事にとっては無益なものだと感じています。

「これは私たち全員にとっての脅威であり、私たちの結束こそが解決策を見つける唯一の方法です」

 

(参照:CNN health

 


 

ロイター通信によれば、米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬のビオンテックは27日、共同開発中の最も有望な新型コロナウイルスワクチン候補について世界各地で大規模な臨床試験を開始すると発表しました。

米バイオ医薬大手モデルナも同日、開発中のコロナワクチンについて、3万人を対象とする後期治験を開始すると発表しました。

中国のバイオ企業シノバックは既にフェーズ3の治験に着手しており、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンも今週、コロナワクチンの治験を開始します。

 

PR




ブログランキングに参加しています

↓  皆様のご協力をお願いいたします。


海外ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします