Home ニュース短信 【速報】モデルナ社のワクチン、驚異的な有効率

【速報】モデルナ社のワクチン、驚異的な有効率

by 黒岩留衣
65 views
LINEで送る
Pocket

月曜日、バイオテクノロジー企業のモデルナは、予備分析の結果を公表し、実験的なコロナウイルスワクチンが「重症例を含む」病気の予防にほぼ95%も有効であることが示されました。

これは、年末までに2つのコロナウイルスのワクチンが限定的ながらも利用可能になる可能性があるという非常に印象的な報告です。

 

この素晴らしいニュースは、製薬大手のファイザーとそのドイツのパートナーであるバイオエヌテックが株式市場を大幅に引き上げ、コロナウイルスのワクチンが90%以上有効であるというニュースをもって人々の期待を一気に高めてから1週間後に届きました。

 

「それは非常に素晴らしいニュースです。データを見ると、数字がそれを如実に物語っています」と日曜日の朝に独立データ委員会から説明を受けた3人の専門家のうちの1人である国立アレルギー感染症研究所の所長アンソニー・ファウチ博士は述べました。

「私は自分自身を現実主義者と表現していますが、基本的には慎重ながらも楽観主義者です」

「私たちはこれよりも低いレベルのものを手に入れる可能性が高いと思っていました」

「確かに私は、過去に90%以上の効果的なワクチンの入手も可能であると言いましたが、本当のことを言えば、私はそこまでは期待していませんでした」

 

ファウチ博士の研究所と共同開発されたモデルナのワクチンは、30,000人でテストされています。

そのうちの半数はワクチンを2回接種し、残る半数はプラセボ(偽薬)を接種しました。

ワクチンがどれだけうまく機能するかをテストするために、医師はcovid-19の症例を綿密に監視し、主にプラセボを投与された人々に、どのように発生したかどうかを確認しました。

 

ウイルスによって引き起こされた病気であるcovid-19の合計95例のうち、90例はプラセボを投与されたグループに含まれていました。

11件の重症例が報告されましたが、すべてプラセボを投与された人々でした。

covid-19の症例は、プラセボを投与された試験参加者にほぼ限定されており、ワクチンがウイルスの阻止に効果的であるという強いシグナルを送っています。

 

データはまだ公開またはピアレビューされておらず、ワクチンの全体的な有効性は研究が進むにつれて変化する可能性があります。

国立衛生研究所によって召集された独立データ委員会は、日曜日の朝に結果を分析しました。

 

モデルナの最高経営責任者であるステファン・バンセル氏はインタビューで、報告が気になって落ち着きを保てず、ボストンの自宅で仕事をすることで気をそらそうとして朝を過ごしたと述べました。

ですが結局、彼は常に自分の電話と電子メールをチェックしていることに気付いたと苦笑しながら述べました。

彼が朝遅くに結果を知ったとき、ワクチンが重度の病気を予防したという証拠が最も印象的だったと答えています。

 

「このパンデミックで最も懸念されていることは、公衆衛生の観点から、人々が病院に行かなければならないほど重篤化する可能性があるという心配です」

「つまり、ICUに行かなければならず、それだけ死亡するリスクが高くなるのです」とバンセル氏は述べています。

「ワクチンによって95%の人が病気を回避し、あるいは重度の病気にならないようにすることができれば、それは正しくゲームチェンジャー(不利な局面を一変させるアイテム)になります」

「病院への影響も、人々の精神への影響も、そして死への恐怖も改善されます」

 

モデルナは、緊急使用許可を申請する前に試験を完了することを誓約しました。

つまり、研究はcovid-19の症例が151例のエンドポイントに到達するまで待つことを意味します。

 

バンセル氏によると、これまでの予測では、臨床試験は来年初めに終了する可能性があると考えられてきましたが、米国でコロナウイルスの症例が急増しているため、あと7日から10日でエンドポイントに達するだろうと予想されているとのことです。

ウイルス症例の爆発的な増加は、ワクチンが機能するかどうかを確認するための迅速化につながります。

 

同社は、感謝祭の直前に緊急使用許可を申請するのに十分な安全性データを持っていることになります。

バンセル氏は、12月の後半にも感染リスクの高い人がワクチンを利用できるようになると予想しています。

 

ワクチンの研究と開発に20億ドルを投資したファイザーとは異なり、モデルナはワープスピード計画の一部です。

これは、企業に前払いの資金を提供し、ワクチン開発を試行させるプログラムです。

モデルナは、ワクチン候補の研究、開発、製造を支援するために米国政府から25億ドルを受け取りましたが、ファイザーは代わりに米国政府に用量を販売する契約を締結しました。

 

モデルナは、年末までに2,000万回分の線量を生成できると予測しています。

これは、1,000万人が2回の予防接種を取得するのに十分な量です。

同社は来年までに少なくとも5億回の投与を目指しており、原材料の入手可能性に応じて10億回まで拡大する可能性があります。

 


Moderna’s coronavirus vaccine found to be nearly 95 percent effective in a preliminary analysis

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします